逆境を打破するには。

その他

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

新型コロナウイルスの収束が見えない中で、生活、そして産業においてかつてない変化の時代が始まっています。

 

営業をしたくても「開店できない」

働きたくても「仕事がない」

これまで当たり前にやってきたことが「できない」

 

状況が良くなることを待ち続けることしかできない状況の中で、苦しんでいる方がたくさんいます。

まさに「淘汰の時代」と呼べるほど、力のない企業、変化できない人は後にも前にも進むことができない状況です。

 

そんな過酷な状況の中で生き残っていくには、何を考え、どう行動すればよいのでしょうか。

 

危機は、自分が試されていると思うべき

順調に事が進んでいるときは、決断、行動、結果について批判的に振り返ることがあまりないと思います。

しかしながら、うまくいっていない時には「どうしたらいいんだろう」と自分の行為を批判的に見ることができます。

ですが、それを考えていてもなかなか答えは出てきません。

さら一歩進んで、「自分はどうありたいのか」を考え直すべきだと思うのです。

 

何もなかったころに比べ、経験を積んで、プライドもできると、本当はどうでもいいはずのことにこだわりがちです。

 

・分からないから人に聞く

・できないから人にお願いする

・地道なことをやり続ける

 

このようなことは、誰しもができていたはずなのに、気が付くとできなくなっているものです。

同時に、始めた時の情熱。「俺はこれをやるんだ」という熱い気持ちも、いつしか立場が変わると少し冷めているかもしれません。

結局、うまくいかないときには、シンプルに「これをやりたい」「これは譲れない」そんな、一番譲れないものを再確認し、それ以外の余計なことは早急に変えることが、状況を打開する解決策だと思います。

棚から牡丹餅のような偶然もたまにはありますが、期待して待つべきものではありません。

始めたときの気持ちを思い返し、「自分という人間はなんのために生きているんだろう?」と問いかけてみてください。

そして、そのコアな部分以外は、冷徹に変えるべきだと、状況に応じて判断して、分からなければ聞いて、できなければやってもらう勇気を持てば、現状を打破できると思います。

 

僕の経験則ですが、ご参考になれば幸いです。

それでは、また。