暑い…。外回りの活動も多い、議員の熱中症対策をご紹介します!

その他

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

連日猛暑日が続いております。

野外に出られる方は熱中症に十分お気をつけください。

そして、議員といえば、閉会中は外回りの活動も多いものです。

だからこそ!?僕が行っている熱中症予防策をご紹介したいと思います!(吉田の経験則であり、確実に熱中症にならない保障はありません)

 

①外に出る前に水分を大量にとる

水分をとれば、熱中症になりにくいです。

常に、体内に水分が豊富にある状態を作っておくために、活動前の水分摂取が効果的だと思います!

 

②30分に一度は水分補給をする

上記と概ね同じ理由ですが、僕は、人間の集中力の限界は30分で、30分経過後の状態は無我状態か惰性であると思っております。

なので、判断力が確実に正常な30分間のうちに意識的に休息をとることが、身を守る事に繋がると考えます。

 

③冷感スプレーを使おう

このスプレー、服の上からかけるだけで涼さが継続します。

炎天下にいる時はもはや必須だといえます。ドラックストアーで購入できるので、ぜひお試しください。

暑い中ではございますが、皆さまが健康に夏を乗り切れることを願っております。