「両性の本質的平等」中学生はどう考えている?

教育

こんばんは。吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

8月…!

塾は絶賛夏期講習中で、私もちょくちょく授業に出ています。

しかし、職業病なんでしょうか。公民の授業になると”現代社会の諸問題について中学生の世論”が気になって、しばしば塾内世論調査をしております。

昨日は、中学3年生公民の授業にて「基本的人権」の章の平等権、男女平等について学習しました。

男女雇用機会均等法(職場での男女平等を目指す)

男女共同参画社会基本法(社会での男女の参画を目指す)

 

これらの法律を学習しますが、気になったのは中学生の、性別による固定的な役割分担意識です。

私の親世代以上だと、「男は仕事、女は家事育児」という価値観の元で生活してきた方が多いと思います。私の家族もそうでした。

しかしながら、結婚した私の友人の話を聞くと、共働きで、家事は分担、が当たり前のようです。

私の世代ぐらいになると、固定的な役割分担意識は低く、現在の生活に適した考え方を持つ方が多いのだと思います。

 

それでは、今の中学生の意識はどうなのか。

・仕事

・家事

・子育て、教育

と3項目で中学生男女に質問してみました。

結果は、全員が父、母、母と回答。

しかしながら、仕事は両親共にしているし、家事も一部父親がしている、そして、お父さんに勉強を教わっていると多くの子が答えました。

 

私は、特に若い家庭で、固定的な夫婦の役割分担がなくなりつつあるが、最終的に責任をもつのが「父は仕事、母は家事育児」という考え方から全く抜けていないのだと感じました。

 

私は、仕事も家事育児も夫婦分担派ですが、深層心理として、

「仕事を辞めることなど絶対に許されない。なんとしても家族を養わなければならない。なんなら大学でも実学を学ぶべき」

という意識がありました。周りの友人も似たような考えの人が多いように思います。

一方で、誤解を恐れずに申し上げると、女性の友人には、

「好きなことをやっていきたい。復職しやすい資格を取りに大学に行く」

という人が一定数います。

もちろん、男女ともにそうでない方もいますが。

子育てを経た女性の再雇用が正規社員だと難しい現状や、男性の育休が取りにくい社会であることが、社会の共通認識を変える阻害要因だとは思います。

 

一方で、教育現場に目を向けると、

・産休育休でいなくなったのはいつも女性の先生

・家庭科の先生はずっと女性

・校長はいつも男性

もちろん、慣習の壁があり、先生方の志向もあることは分かります。

 

さらに、教育内容に目を向けると、

・国語の小説は男の子主人公で、女の子は登場人物(逆はほとんど見たことがない)。父が仕事をし、母が家で待っているという家族構成

・歴史の登場人物はほとんど男性(仕方ないのかもしれないが)

 

このようなことが、何の違和感もなく子ども達の学習現場で提供されています。

これだけでも固定的な役割意識が、十分に子どもの深層心理に植えつけられると思います。

法整備を行うにしても、将来世論をつくるのは今の子どもたちです。

現状の教育現場、教育内容が変わらなければ、本質的な役割分担意識の払拭は難しいのではないかと考えます。

政治と教育、どちらが日本を変えるか。

この問いは立候補を考えたときからずっと持ち続けています。

しかし今は、教育をかえることこそが、未来に生きる人の考え方を変え、結果として政治が変わるのではないかと考えています。

政治家の立場でしか変えられない教育があるから、政治家になったのだという初心を思い起こしつつ、今後ともしっかりと活動してまいります。

 

男女共同参画社会基本法について詳しくはこちら↓

内閣府男女共同参画局(「男女共同参画社会」って何だろう?)