感染対策は保育園に学べ、学校の再開を。

コロナ

こんにちは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

画像はハンカチから簡単にできる、手作りマスクをつけた吉田の図です。。

作成方法をYouTubeで紹介したので、ぜひこちらもご覧ください。

手作りマスク(ヨシダノマスク)の作り方 (吉田のYouTubeチャンネルに飛びます)

 

さて、外出自粛要請が出ている今週末ですが、、

ついに都内感染者数が3桁の大台に突入してしまいました。

 

 

休校措置のさらなる延長も視野に

感染者が逓増している現状では、学校の再開も危ぶまれてきます。

都内公立学校の休校措置もGW明けまで延長されましたが、さらなる延長が必要になる可能性が十分にあります。

 

3月からの休校措置で、学生の学習進度に遅れが生じているのにも関わらず、これ以上の期間休校措置を行えば、夏休み返上では取り返せない遅れが生じる可能性もあります。

 

オンライン授業を行えばいいじゃん!と巷では言われています。それはその通りなのですが、少なくても北区に関しては不可能に近いのが現実です。主に以下が理由として挙げられます。

 

・第一に端末数が圧倒的に足りない(現在3人あたり1台の台数)

・オンライン授業の方策が全く準備できていない(これからやろうとしていた)

 

過去ブログ→どうする?学習進度が危うい。都立学校休校措置を延長、区立小・中学校も休校の見込み。

 

この機会にオンライン授業の環境を早急に整えるべきですが、現実的(1か月後)までには整備不可能でしょう。現実的な代替案を考えなけれなりません。

 

 

保育園の対策に学ぼう

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ理由で、これ以上の休校延長措置は学習進度に大きな影響を及ぼしてしまう。ご家庭の負担も大きいものです。

 

そこで、学校の休校措置期間中も、働く保護者の子どもを一人で置いておくことができないことを理由に開園を継続していた保育園の、児童感染防止対策に学べる事があるのではないでしょうか。

 

保育園で取っていた対応

・登園前に体温測定をして、37.5度以上の熱もしくは呼吸器異常がある場合は登園見合わせ

・2mの距離をとって生活(現実的に難しかったらしいが)

・マスク着用、ない時はティッシュやハンカチで口鼻をおおう

・とっさの咳は袖で口鼻をおおうよう奨励

・タオルの共用は避け、ペーパータオルに替える

・固形石鹸を避け、液体石鹸に替える

・こまめな手洗いうがいを奨励

・水道栓を止めるときは手首やひじ、ペーパータオルを使い止める

・もし感染が確認された場合、登園停止。感染幼児が最後に登園した翌日から14日間休業

 

ほんとうに基本的なことばかりですが、このような基本的なことを徹底しすぎなほど徹底することが大事なのですね。

学校を再開する際には(登校日や入学式にも)上記のような保育園の対応を参考に、

登校前に感染防止、感染拡大防止に必要なことを、ご家庭や子どもに周知したいですね。

 

それでは、また明日。