北区の新型コロナウイルスワクチン接種の進捗について~令和3年第三回定例会~

コロナ

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

本日は北区議会第三回定例会があり、一般質問をしてまいりました。

一つ目の質問は、北区の新型コロナウイルスワクチン接種の進捗についてです。

・現在の進捗状況の分析

・接種完了に向けての計画と見通し

・接種のスピードアップを図るための課題

の三点について質問しました。

 

政府が、10~11月で接種希望者への接種完了を目標に掲げ、当然北区もそれに向けて全力で動いています。北区はこれまで、7月中に希望する高齢者への接種を完了し、9月初めには接種対象者の59%に接種完了しています。

職域接種を含めると、10月には接種対象者の8割のワクチンが供給される予定です。

現在供給量が予定を下回っていることもあり、ペースが遅れておりますが、今後11月中には接種完了予定とのことです。

国・都にはワクチン供給の促進を要望し、一刻も早いワクチン接種を進めてまいります。

 

原稿の一部(実際の質疑と変更点あり)

新型コロナウイルスワクチン接種の進捗についてお伺いいたします。

 

日々一刻も早いワクチンの普及のために、努力してくださっている関係各課の皆さまに心から感謝申し上げます。

北区の新型コロナウイルスワクチン接種の進捗についてお伺いいたします。

現在、北区におけるワクチン接種はその供給量が足りておらず、8月28日に追加された接種枠もすぐに埋まっている状態です。

計画と比較し、現状の接種率など、接種の進捗状況をどのように分析し、認識していらっしゃるのでしょうか。

そして11月末までの事業完了に向けて職員の皆さんが総力を挙げて、全力で動いてくださっていることと思います。あらためて完了に向けての現時点での計画と見通しはいかがでしょうか。

併せて計画通りに進めることは勿論のこと、より一層のスピードアップを図るために事業を進めるに際しての課題と認識していらっしゃるのはどのようなことでしょうか。