オールイングリッシュの学校。壁は教員免許制度。

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

オールイングリッシュの小学校が日本にあるとは、私もこのニュースを見るまで知りませんでした。

外国人担任の規制緩和を 山口紀生・LCA国際小学校校長

それは、神奈川県相模原市にあるLCA国際小学校です。

日本人は、英語の文法や単語を学習するが、話せない(機会がない)という課題を解決するためにオールイングリッシュで授業を行う小学校のようです。

教員の半数は外国人というので、驚きます。

同記事には、学校法人の参入障壁など、様々な問題提起がなされていますが、教員免許の壁も大きなものです。

外国人教師でも、クラス担任を持つには日本語の教員試験を受けなければならないというのです。

従来、学校の授業は日本語が基本という固定観念がありましたが、これからますますグローバル化が進む中で、英語で教育を行う学校は増えてくるでしょう。

やるからには、しっかりとした英語環境で学んでほしい。

そのためには、教員免許の在り方など再検討しなければならない時期に来ているのです。