理系は「女性らしくない」?

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

理系分野での女性の少なさは、いまだに改善が進まぬ問題です。

大学の工学部・理学部では女子比率が10%台はざらにあり、その環境自体が敬遠する要因ともなっているかもしれません。

少女よ大志を抱け 「理系は男性」の偏見さよなら 

興味深い記事がありましたのでご紹介したいと思います。

「母親から、そんな男の子ばかりの進路はやめなさいと言われるんです」。一般社団法人「Waffle」には、女子中高生からこうした相談が舞い込む。2019年設立のWaffleはIT(情報技術)分野におけるジェンダーギャップの解消を掲げ、オンラインでのプログラミング教室やアプリコンテストを実施する。

社会のジェンダーバイアス(性的偏見)のために、歳を経るごとに理系に対して消極的になる現状を変えたいと立ち上がったようです。

経済協力開発機構(OECD)が実施する15歳の国際学習到達度調査(PISA)では女子の学力は男子を上回る。25~64歳で大学などの高等教育を卒業した比率はOECD平均で女性が約41%、男性が約35%だった。一方で課題となっているのが、STEM(科学・技術・工学・数学)分野における女性進出の遅れだ。

このような現実があるにも関わらず、極端に女子比率が低くなってしまう原因の一つが「女性らしくない」ことなのかもしれません。

(続く)