はったりと、大ぶろしきが必要なとき。

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

嘘はいけない、しかし時にはったりが必要な時もあります。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGH232680T20C21A7000000/

米国本社の意向を無視して、秘密裏にロードサイドではなく銀座三越に一号店を開店したマクドナルド。

売り上げが上がらず、鶏肉の供給を止めようとしていた三菱商事のネームバリューを使い他の商社から供給を得たケンタッキー・フライド・チキン。

はったりをかまし、大ぶろしきを広げながら、自らの信念の通りに進んでいった経営者がいます。

大切なのは、それが逆境の時こそ、大ぶろしきを広げるべきだということだと思います。

自らと仲間を鼓舞し、周囲に対し背水の陣を敷くことで踏ん張ることができるのではないでしょうか。

辛いときこそ、心にとめておきたいことですね。