GIGAスクール構想の進捗について~令和3年第二回定例会~

北区

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

本日は、二つ目の質問項目「GIGAスクール構想の進捗」についてです。

この春から小中学生に一人一台端末を配布する「GIGAスクール構想」がはじまりました。

まだまだ始まったばかりですので、現状や、今後の計画などを問いました。

現在の課題として

・キーボード入力の指導が必要

・夜遅くまでPCをやっている

・情報活用、モラルの指導も必要  

などが挙げられました。今後も一層の充実した教育の実現に向けて働きかけてまいります。

原稿の一部(実際の質疑と変更点あり)

区内小中学校の児童生徒に一人一台のICT端末の配布、及び無線ランの設置をはじめとするGIGAスクール構想が、北区においても始まりました。

 

そこで、学校で行われている指導での課題や、端末について、現時点での問題などがありましたら教えてください。

また、前定例会でも質問しましたが、GIGAスクール構想は従来の試験の点数、偏差値など見える学力から「生きる力」をはじめとする見えない学力が重視される教育へとシフトチェンジしていく大きな節目です。

文科省で設定されている各教育目標へのロードマップや、教職員関係者への教育プランの設定はどのようになっているのか教育長の見解を伺います。