本能寺の変の原因の新説?

その他

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

本能寺の変の原因について、新説?が載っておりました。

本能寺の変 光秀vs秀吉の派閥争いがクーデターに

織田政権の下で、出世頭だった豊臣秀吉と明智光秀の派閥争いがクーデターの原因だったとのことです。

天下統一目前であった信長は、いよいよ部下を機能的に見るようになっていきました。統一がなった後の政権構造まで考えていたのでしょう。

また、現代でも起こるようなトップにいかに気に入られるか、というレースも熾烈なものでした。

部下同士が互いに争うことで、織田政権の急激な成長が成し遂げられていたのですが、それは同時に出世コースから外れた人間の離反、反逆と紙一重の組織だったわけです。

織田信長は、たびたび部下の反乱が起こり、それを鎮圧してきました。

苛烈な性格と、大胆な改革を掲げている以上、避けられないのかもしれませんが、最終的に暗殺されてしまいます。

組織の在り方に正解はありませんが、過去の歴史から学ぶことは多いです。