全域346枚のポスターと、4000枚のシール貼り。選挙編②

その他

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

本日からGWがスタート。とはいえ明日は平日ですが、必要最低限の外出にとどめて感染拡大対策にご協力をお願い致します。

政務活動費の締め日が近づいていることから、丸一日かけて帳簿をつくる一日でした。

さて、選挙本番のことをあまり覚えていないのですが、印象に残っているシーンが5つあります。

多くの応援団

一つ目は、多くの方が応援に駆けつけてくれたことです。

選挙戦の最初には「ポスター張り」「証紙貼り」というとんでもない大仕事があります。

私の時は、北区全域で346カ所ものポスター掲示場所に本番ポスターを貼り、選挙本番で使用できるビラ4000枚に証紙というシールを張る必要がありました。

当然、それと並行して車を回したり、ビラを配ったりする必要があり、選挙の最初は特に多くの人員が必要なのです。

ポスター張りは、僕のように一人だと独力で行わねばなりません。しかし、貼るのが遅れるとそれだけ皆さんに見てもらえる時間が減ります。

そんな中で、初日の午前中にすべて完了できるほど、多くの方が手伝ってくださいました。

本当に感謝しかありません。

選挙中を通しても、平日にもかかわらず多くの方に手伝っていただいて、一人で活動している状況は避けることができました。