究極の選択。挫折編②

その他

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

圧倒的な勢いで握手してもらえる大晦日。

素晴らしい活動スタートを切りましたが、その後の継続は困難の連続でした。

働きながら活動するのは、体力的にとても厳しく、朝寝坊してしまったり、双方に迷惑をかけどちらも中途半端な状態に陥っていました。

仕事と活動、両立は不可能なのか…

どちらも中途半端になるならば、一方に主軸を置いて、他方は可能ならば行うのが良いのではないか。

そして私は、受験前でもあり、責任者でもある仕事を選び、活動は休止しました。

先の見通しが全く甘く、恥じ入るばかりです。

そうしてしばらくして2月下旬ごろ、柳ケ瀬さんから一本の電話がかかってきました。

(続・挫折編)