ピンチをチャンスに!JALの取り組み。

コロナ

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

長引くコロナ禍の中で、他業種に出向するプログラムを行う会社が紹介されています。

「やっと働けた」 JAL客室乗務員、地上に見つけた職場

客室乗務員の方が、コールセンター業務を行う会社へ出向するという取組ですが、同社では客室乗務員ならではの気遣いなどが発揮され、返答率が上がり新たなノウハウが蓄積されたようです。

従来の枠にとらわれず、企業が協力しコロナ禍に打ち勝っていく。

この取り組みによって、受け入れ企業にも新たな視点を取り入れるというメリットがありました。

未だ感染者数は一進一退で、収束の気配は見えませんが、今までは考えなかったような取り組みが、チャンスを作るのかもしれません。