「子ども庁」創設?縦割り行政の弊害は。

教育

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

幼児教育に縦割り弊害の打破のために、「子ども庁」設立が噂されています。

自民・下村氏「幼児教育の一本化を」 子ども庁創設案で

保育関係の管轄がバラバラであることも理由の一つとして挙がっています。

幼稚園・保育園・こども園・企業主導型保育園。。。様々な施設がありますが管轄がバラバラで連携がとりづらいことは以前から問題視されていました。

企業主導型に至っては、開設に自治体が関与しないため、気が付いたらできている!というのが地方自治体の現場の実態だと思います。

また、教育委員会と児童福祉(福祉部局)で、教育支援などが分散していることも、より良い教育支援を行っていくために弊害となっていると考えます。

子供たちの未来のために、この行政改革は楽しみですね。