共通テストに「プログラミング」追加。ITリテラシーの底上げへ!

教育

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

大学入試でプログラミング出題 25年共通テストで導入へ

大学入試センターは24日、2025年1月に実施する大学入学共通テストの教科・科目の再編案を公表した。プログラミングや、データサイエンスに必要な統計処理、情報リテラシーの知識などを試す「情報」を導入し、国語や数学などと並ぶ基礎教科とする。

教育業界にビッグニュースです。

小学校でも必修化されたプログラミングの学習が、大学入試共通試験に導入されるようです。

注目すべきポイントは、「国語や数学などと並ぶ基礎教科とする」ことだと思います。

多くの学校でずっと副教科扱いであった「情報」が、基礎教科扱いになることで、子供たちも学習への力の入れ方が変わってきます。

それは、未来の日本人のITリテラシーを飛躍的に伸ばすことに繋がるでしょう。

学校教育を変えようとしても「受験」という壁がある限り、受験を見据えた学習になりがちです。

今の受験制度が良いかと言ったら、そうではないと思いますが、現状の制度を利用してITリテラシーを高めるという取組は注目に値するのではないでしょうか。

それでは、また、