貧困の連鎖を無くすためには。

教育

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

本日は、春の嵐というのでしょうか。局地的な豪雨に見舞われましたが、これからどんどんと温かくなっていきそうですね。

今回の定例会、予算委員会(まだ途中ですが)で特に取り上げたことは「子どもの貧困」による「教育格差」を防ぐことについてです。

子どもへの教育にかける金額によって、大学などへの進学率は有意に変わることが分かっています。

そして、学歴によって収入に差が生まれることも分かっています。

親の収入によって、子どもの将来の収入も決まってしまうということです。

それが、貧困の連鎖です。

貧困の連鎖を食い止めるためには、教育の格差をなくすことがまずは必要です。

それは相対的なもので、周りができていることができない。を無くさなければなりません。

塾に周りの子が行っているのに、自分はいけない。などですね。

行政もさまざまなメニューを用意していますが、まだまだ十分ではありません。

予算も限られていますが、やり方をチェックし、より良いものにしてまいります。