リツイートもだめ!?投開票日にやっていいこと悪いこと。

選挙

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

本日は、千代田区長選挙・区議補選の投開票日です。

また、埼玉県では戸田市議選の投開票があります。

期日前投票が始まっているといっても、まだまだ多くの方が投票日に投票をします。

立候補者としては、そわそわしてならない投票日当日ですが、なんと「(ほぼ)なにもしてはいけない」というルールがあります。

認められていることとして、

・選挙に行くことを促す(電話、メール、対面等で)

認められていないこととして、

・特定の候補に投票を依頼する

・特定の候補に投票を依頼するような表現をする(その人のキャッチフレーズや年齢など)

などがあります。

禁止された内容が記載された、Twitterのリツイートやいいねもやめた方が良いですね。

そのため、昨年の都知事選ではこのような珍事件も。

都知事選に立候補していた「宇都宮けんじ」さんを応援していた立憲民主党枝野代表の投票日当日のツイートです。

ハッシュタグに「宇都宮」とわざわざつけています。

本来このような行為はダメですが、餃子のツイートで他意はないとのこと。

しかし、選挙で気が高ぶっていたのでしょうが、法の穴を抜けるような行為でありあまり関心しませんね。

細かいルールがあり、一般の方には分かりにくい公職選挙法ですが、政治関係者はルール守ってフェアに戦いましょう。