タロとジロの日。南極を生き抜いた犬たちを胸に。

その他

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

今日は何の日か定期的に確認するのが趣味なのですが、

なんと、本日は「タロとジロの日」(愛と希望と勇気の日)です!

タロとジロの生存が確認された日。

1959年(昭和34年)のこの日、南極観測船「宗谷」から飛び立ったヘリコプターが南極の昭和基地に着いた時、南極観測隊に同行し、前年に置き去りにされた15頭のカラフト犬のうちタロとジロの2頭が生きているのが発見された。

この出来事は映画『南極物語』にもなり、後世に残そうと記念日が制定された。この日は「タロとジロの日」または「愛と希望と勇気の日」と呼ばれる。生きることへの希望と愛することを忘れないための日とされる。

タロとジロの日(愛と希望と勇気の日)(1月14日 記念日)

タロとジロは、他の20頭の犬、南極観測隊と共に南極の昭和基地に到着し、犬ぞりなどに従事していました。

しかし、稀にみる天候の悪化などの理由で、南極に15匹の犬たちを首輪に繋いだまま、観測隊は一時帰国することになりました。

その後、救出することも難しく、犬たちの生存は絶望的とされていました。

約一年後の1月14日、ヘリコプターからの確認により2匹の犬(タロとジロ)の生存が確認され、保護されました。

首輪に繋がれた極限状態の北極で、タロとジロは、首輪を抜け、クジラの死骸や観測隊が残した食料などを食べていたと考えられています。

私たちが暮らす社会、科学の進歩にはこの犬たちをはじめたくさんの犠牲が伴っているということ。

どんな絶望的な状況であっても、諦めずに、生きる希望を失わなければ必ず道は開けるということ。

これらを深く感じることができます。

未来に希望が見えない社会状況ですが、私たちも過去の犠牲者に感謝しながら、希望を失わず強く生きていきましょう。