これからは、行政も多様な働き方の実現を。

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

よくわかる ウィズコロナ時代 変わる働き方

コロナ禍の中で、多様な働き方が推進されています。

テレワークをはじめ、自転車や自動車での通勤などが奨励され、多様な働き方が次々と生まれています。

地元赤羽にも大型の喫茶店が次々と登場し、これはテレワーク需要なのか…と思ったり、カラオケ店ではテレワークプランなるものが存在するようです。

少し前までは、喫茶店での仕事や、カラオケ店での仕事などは、さぼりの代名詞のようにとらえられていましたが、三密回避のためにも、むしろ推進されている今の社会の変化に驚くばかりです。

私も車を移動で利用することが増え、できる限り電話やメールで要件を済ませるようになりました。

これによって不便が生じているかというと、実際のところ、それほどでもありません。

多様な働き方を実現できる環境を整える組織こそが、これからの時代を生き延びていけるのではないかと考えます。

行政組織も、変革が難しいと言われながらも、徐々にテレワークや時間差通勤が始まっています。

より多様な働き方を実現できる行政・議会の実現にむけてしっかりと後押しをしてまいります。