成年者の自由とリスク【新成人の皆さまへ】

教育

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

本日は成人の日。新成人の皆さま、おめでとうございます。

一人前の大人として認められる「成年者」として社会に羽ばたいていく皆さまの門出を心からお祝いいたします。

※トップ画は成人ごろの写真です。

成人するということは、大人としての自由が手に入ると同時に、責任も生じます。

日本では、選挙権や、少年法の適用が18歳を区切りとしており、既に実質成年者として処遇されている面もあります。

一方、飲酒喫煙、ローン契約やギャンブルなどは20歳を区切りとしており、リスクを判断して、いよいよ責任をもった行動が求められます。

以下、簡単にそれぞれのリスクをまとめました。

各人リスクも十分に考慮したうえで、思うままに自由に生きていってほしいと思います。

飲酒

大量の飲酒は死亡リスクが大幅に高まることが分かります。

こちらJカーブと言い、禁酒者のリスクが高くなっていますが諸説がりますのでご注意ください。

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

 

喫煙

吸う人はこれほど大きな健康リスクを抱えていることを理解するべきでしょう。

そして、周辺にいる人への受動喫煙被害もあることを十分に理解しておきましょう。

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

 

ローン契約の締結

クレジットカードをつくったり、ローン契約の締結を保護者の同意なしでできるようになります。

しかし、当然ながら借りたお金は期限までに返さなければなりません。

その返済義務があることを十分に理解したうえで検討してください。

その契約、取り消せないかも 高3で「成人」、注意点は