一年間ありがとうございました。2020年の活動まとめ【議会&政治活動&選挙など】

コロナ

こんばんは、吉田けいすけ(北区議会議員)です。

 

もう大晦日ですね。

今年一年間は、皆さまにとってどのような年だったでしょうか。

新型コロナウイルスの社会への影響は非常に大きく、「生活がままならない」、「将来が見えない」、「新年を新しい気持ちで迎えることなどできない」という方も多くいらっしゃることと思います。

このようなまとめもご覧いただいて、ご相談等ございましたらお気軽にご連絡ください。

日々を懸命に生きながら、成長できた一年だった方も、夢半ばの方もいらっしゃることと思います。

人それぞれ抱えるものは違うけれど、同じ一年間という時間を過ごし、これを踏み台に来年を生きていきます。

皆さまにとって来年が素晴らしい一年間となることを心より願っております。

さて、この場を借りて、簡単に今年一年間の出来事をまとめたいと思います。

過去はあまり振り返りませんが、皆さまへの活動の報告を兼ねて書き記します。

 

議会

質問&結果要旨

第一回定例会(2月)

・GIGAスクール構想実現に向けて、一人一台のICT端末の早急な配備を他

→コロナウイルスの感染拡大による休校などの措置が取られたこともあり、来年度(令和3年度)から全区立小中学校に一人一台のchromebook端末が配備予定です。引き続き学習環境の整備に向けて注視してまいります。

・赤羽駅前等、区内繁華街の悪質な客引きの対策を他

→地元の自治会等との連携を図るには至らず、引き続き誰もが安全に利用しやすい駅前を目指し活動してまいります。

・大河ドラマ館の経済波及効果の測定を他

→他自治体の事例を参考にしながら、料金等を再考。しかしコロナウイルスの影響等で入場者数など予測が困難に。一方で、大河ドラマ館設置場所である飛鳥山公園のパークPFIも進展し、地域活性化に拍車がかかります。

 

第二回定例会(6月)

・新型コロナウイルスの対策について早急な給付金の振り込みを

→今回は全体のスケジュールを後ろ倒しにすることのないように対応したとのこと。一方で急を要する方と、そうではないことが分かったりました。今後は必要な方により早急に手元に支援が届くよう働きかけてまいります。

・新型コロナウイルスの対策について保育園の復職期限の延長、保育料の返還を他

→多くの議員の皆さんからも質問があり、順次復職期限は延長、保育料も返還となりました。引き続き子育て世帯に優しい自治体を目指し活動してまいります。

・北区公式LINEを開設し、積極的な情報発信を他

北区公式LINEが誕生しました。コロナウイルスの状況や北区ニュースなどの情報発信がされております。まだまだ充実させることができるので、配信内容の充実に取り組んでまいります。友達登録よろしくお願いします!

北区LINE公式アカウントについて

・コロナウイルス支援の制度の網から漏れてしまう、起業直後の事業者支援を他

→北区新型コロナウイルス感染症対策緊急資金制度について、創業三か月以上一年未満の方々も対象に緩和しているが、起業直後の方にまでは制度が行き届いていない現状です。力不足で申し訳ございません。引き続きすべての方に支援が行き届くよう働きかけてまいります。

なお、新型コロナウイルス感染症対策経営相談も実施されております。お気軽にご利用ください。※要予約

新型コロナウイルス感染症対策経営相談

 

・コロナ禍で必要な支援策情報を提供せよ

→コロナ支援策まとめを個人で配布したところ、反響が大きく皆さまが今求めているものだと感じました。行政として住民の方々のために今やるべきことだと考え訴えました。区として、10月ごろに作成されました。

【吉田作成】

【北区作成】

 

・オンラインでの学習環境の整備を他

→Eテレなどの案内から、スタディサプリを利用した学習へ。コロナウイルス対策にとどまらず、個々に最適化した教育の実現に向けて動いてまいります。

・区長がリーダシップを発揮したコロナウイルスの対策を他

→今週の花川区長というコーナーが誕生しましたが、そういうことではなく、国や都の制度を待つことなく、自治体のスピード感のあるコロナ対策を求めます。

 

第三回定例会(9月)

・完全密閉型の公衆喫煙場所の設置を他

→民間事業者に補助制度を新設し、店舗併設型の屋内密閉型の公衆喫煙所の設置へ。引き続き吸う人も吸わない人も過ごしやすい街づくりに取り組んでまいります。

・小中学生の学習支援事業の学習記録、習熟度の引継ぎを行い効果的な支援を他

→小学生、中学生の学習支援事業の運営団体が違うため、個人情報保護がネックに。しかし学校を絡めた事業連携を模索し、より効果的な学習環境を子どもたちに提供すべく動いてまいります。

 

第四回定例会(11月)

・小学校における教科担任制の導入について他

→教員数が少ないことが原因で実施できず。教員数は都の所管のため、都に問い合わせたところ、教員の働き方改革も踏まえて推進していくとのこと。外国語教育やプログラミング教育など専門知識が必要な科目も増える中、早急な実施が必要です。引き続き最高の教育の実現を目指し活動してまいります。

・保育園の入園案内をより見やすいものに他

→区ではなく、内閣府が管轄の企業主導型保育園も保育園入園案内の一覧に掲載されるようになりました。

・子ども宅食事業の導入について他

→子ども食堂の運営団体などとの調整など、まだ課題がありそうです。引き続き子どもと、子育て世帯をサポートするべく活動してまいります。

 

政治活動

SNS・ブログ・YouTube

情報発信を積極的に行っている諸先輩方に追いつくべく、日々発信を続けています。今後は質を重視していきたいですね。

 

YouTube(議員フルエンサー吉田けいすけ)は休止してしまっておりますが、いずれ再開したいところです。

 

コロナ支援策まとめ(4月)

新型コロナウイルスの影響で、経済にも大きな影響が出ました。解雇や、事業の悪化などで様々なお困りの声が上がる中で、行政からも様々な支援策が打ち出されました。

しかしながら、自分に合う制度が分からない、手続きが分からない、必要書類が分からないなどさまざまな声をいただき、コロナウイルス支援策まとめを区内全ご家庭に配布しました。

多くの方から「助かった」というお声をいただき、私も嬉しく思いました。この後100件近くのご相談をいただき、電話が鳴りやみませんでした。

世のため人のためと思い政治家を志しても、自分の存在が本当に人の役になっているのかいつも自問自答してしまいます。このように人の役に立てたと実感したことは、議員をやっていてよかったと初めて思えた、私の中でとても大きなターニングポイントとなる出来事でした。

 

区民相談

常に区民相談は頂戴します。今年はコロナ関係を除くと50件ほどでしょうか。道路の補修などは都度解決できることが多いですが、制度的なものも多くご意見をいただきますが、すぐには変更できないことも多く申し訳ない限りです。本会議や委員会で頂いたご意見を行政につなぐこともあります。今後ともたくさんのご意見をお待ちしております。

 

 

選挙・その他

都議補選

北区の都議補選では、佐藤ことさんが大健闘されました。私も選対のメンバーとして全力で応援する中で、選挙に関する多くのことを学ばせていただきました。諦めずに再びチャレンジされる佐藤さんに応援よろしくお願いします。

 

インターン

夏にはインターンの学生が来てくれて、様々な活動を共に行いました。学生の新鮮な発想は私にも多くの刺激を与えてくれました。

 

大阪都構想

無念の一言です。大阪維新が成し遂げてきた数々の改革、そして地域の方のお声をお聞きし、改革の必要性とそれが実行できることが改めて分かりました。

 

 

今年一年間、ブログを見ていただいている皆さまにも大変お世話になりました。

頂いたコメントなどもすべて読ましていただき、励みになっております。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

吉田けいすけ